練習方法!

発声練習の基本!綺麗な子音を発音しよう!

更新日:


母音の発声がキレイに出来たら、次は子音の発声をしていきます。

子音は人によって苦手な音が変わってきますが、比較的苦手な人が多いと言われている子音が、
「さ行」と「ら行」です。
この二つは他の子音より、詳しく解説できればと思います。

子音練習用の発声表

あ行~わ行までが練習できる発声表です

あえいうえおあお
かけきくけこかこ
させしすせそさそ
たてちつてとたと
なねにぬねのなの
はへひふへほはほ
まめみむめもまも
やえいゆえよやよ
られりるれろらろ
わえいうえおわお

一見、長く見えますが、単純な発声表なので何も見なくても言えるように練習しておきましょう。

はじめはゆっくりで大丈夫なので、一度声に出して読んでみましょう。
今までのように、「腹式呼吸」で「響きのある声」を意識することが大切です。

言えない子音、上手く響かない子音はありませんか?
あるようなら、それらが苦手な子音だと思って良いでしょう。

では、苦手な子音がわかったところで、それぞれの子音のポイントを確認していきましょう。




子音の発音法と注意点

か行

舌が離れる瞬間に音が出る破裂音(はれつおん)です。

スタッカートが苦手な人が、難しく感じることの多い子音です。

か行を上手く発音するポイントとしては、音を少し前に出す意識を強めると出しやすくなります。

また、スタッカートの練習を積むことで、「か行」は、比較的出しやすくなります。

さ行

歯の隙間から音が出る破擦音(はさつおん)です。

さ行を上手く発音するポイントとして、舌の位置を、下歯茎に当てた方が発音しやすくなります。

さ行は苦手な人が多い子音です。

さ行が苦手な人は一音ずつ練習すると、発音しやすくなります。

「さっ、さっ、さっ」という風スタッカートでの練習がオススメです。

さ行はお腹の力と勢いが大切なので、目の前に人がいるイメージをして、
その人に対して怒るようなイメージで、音を前に強く出しましょう。

他には、音に合わせて、指で前を一回一回突き刺しながら、発声するのも前に息が飛ぶのでオススメです。
一音ずつが明瞭に発音できるようになったら、一音ずつ発声していた時と同じイメージで「させしすせそさそ」をやってみましょう。

た行

上の前歯の付け根に舌を当て、弾く瞬間に出す破裂音です。

上手く発音できない人は
た行を発音する際に、音を前に当てすぎて舌を噛んでしまっている可能性があります。
この状態で、発音してしまうと、音が通らず綺麗な発音ができません。

少し後ろに響かせるイメージで発音すると、舌を噛むことが少なくなり、「た行」が発音しやすくなります。

な行

鼻にかけて音を出す鼻音(びおん)です。
鼻腔を響かせるので、「んな」「んぬ」のようなイメージです。

「な行」で注意したいのが、元々鼻声気味の人です。
あまり鼻にかけずに発音するように心がけましょう。

「な行」をキレイに発音するためには、少し舌に力を入れるイメージをするのがおすすめです。

は行

喉の摩擦で音を出す無声音です。

「は行」の響きは、「あ行」と同じ意識を持つと響かせやすくなります。

は行は息を多く使うので、息が続かないという人が多いです。
練習中に息が持たなくなる人は、呼吸のコントロールが上手くできていない可能性が高いので、丹田を意識した腹式呼吸をマスターし、息の量をコントロールできるように頑張りましょう。

ま行

鼻に音をかけて出す鼻音です。

できるだけ口を小さくして発音することで、早口にも対応できます。

口の開きを小さくする分、一音ずつ口の形をはっきり変えることを意識しないと、音が不明瞭になってしまうので注意しましょう。

また普段から鼻声気味の人は、口から音を出す意識を持つと発音しやすくなります。

や行

母音と子音、両方の特性をあわせ持つ、半母音(はんぼいん)です。

気を抜くと、「あ行」に聞こえてしまう音でもあります。
口の開き、動きをしっかり意識することで、きちんと「や行」を発音することができます。

口の動きは練習しかないので、反復練習をしっかり行いましょう。

ら行

上あごを軽くはじいて音を出す弾音(だんおん)です。

「ら行」は舌の筋肉が弱いと早く言えません。
ストレッチをし、舌の可動域と、筋肉を鍛えましょう。
発声前の準備運動「舌をほぐす」の方法で、舌を鍛えることができます。

また

らりらりらりらり…
るるるるるるるる…
れろれろれろれろ…

というトレーニングも効果的なので、是非練習に取り入れてみて下さい。

わ行

母音と子音、両方の特性をあわせ持つ、半母音です。

「わ」と「あ」の違いを明確に発音できるようになることが大切です。

「かわいい」という言葉で練習することをおすすめします。
「かあいい」となっていないかセルフチェックしてみて下さい。

意識するだけで、大分変わると思います。

ざっと、子音の注意点をまとめました。
自分の発音の癖を知り、キレイな発音を目指しましょう!

次は、母音の無声化を練習していきましょう!

子音練習用の発声表【完全版】

練習用に表を置いておくので、活用していただければと思います!

あいうえお いうえおあ うえおあい えおあいう おあいうえ
かきくけこ きくけこか くけこかき けこかきく こかきくけ
さしすせそ しすせそさ すせそさし せそさしす そさしすせ
たちつてと ちつてとた つてとたち てとたちつ とたちつて
なにぬねの にぬねのな ぬねのなに ねのなにぬ のねにぬね
はひふへほ ひふへほは ふへほはひ へほはひふ ほはひふへ
まみむめも みむめもま むめもまみ めもまみむ もまみむめ
やいゆえよ いゆえよや ゆえよやい えよやいゆ よやいゆえ
らりるれろ りるれろら るれろらり れろらりる ろらりるれ
わいうえお いうえおわ うえおわい えおわいう おわいうえ




養成所

-練習方法!

Copyright© 声優になりたい!声優になるには? , 2017 All Rights Reserved.