オーディション対策!

声優オーディション!どんな服装がベスト?

更新日:

無事、書類審査を通過したら、いよいよ対面審査です。

まず、悩むのは当日の服装ですよね。
今回は、オーディションの合格率が上がる服装について解説していきたいと思います。




服装選びのポイント

さっそく服装を選ぶ際のポイントを説明していきたいと思います。

清潔感は絶対必要


好印象な応募写真の時の服装と同じように、やはりここでも大切になるのは「清潔感」です。

間違っても、着古した服装で行くのだけはやめておきましょう。

気づかずやってしまいがちな失敗が、「ダメージジーンズ」をはいていってしまうことです。

ダメージジーンズは新品だったとしても、どうしてもだらしない雰囲気が出てしまいます。

オシャレだったとしても「ダメージジーンズ」は、はかないようにする方が無難です。

女性のデニム地のショートパンツやスカートも、ダメージ加工のものが結構あるので、気を付けましょう。

基本は明るい色味でシンプルかつ清楚な服装を選ぶようにしましょう。

動きやすい服装で自己PRを存分に行えるようにする


オーディション当日はなるべく動きやすい恰好を心がけましょう。

特に「書類の自己PR欄に運動系の特技を書いた人」は動きやすい服装がベストです。

ダンスやバク転のようなその場でできるものだった場合「やってみて」と言われることがあります。

自己PRを披露してみて、と言われた時は合格のチャンスが回ってきたということに他なりません。

そんなときに動きづらい服装だったばっかりに自分のアピールポイントをしっかりアピールできなかった、ということがないようにしましょう。

また、オーディションの形式によりますが、数人で一つの課題をやるように言われるオーディションもあります。

中には動きのついた演技を指定されることもあるので、そういった際に動きづらい恰好ですと、満足いく演技ができなくなってしまいます。

基本的に、動きやすい恰好に越したことはないです。

音の出る素材や装飾品は避ける


声優オーディションの場合、シャカシャカ音の出る素材や、金属がぶつかり合い、音が出てしまうような装飾品は避けましょう。

声優は音に敏感な職業です。

実際にアフレコ現場でも音の出る素材や、アクセサリーはマイクが音を拾ってしまうため、タブーとされています。

声優を目指す人が音に無頓着な恰好をするのは、マイナスイメージになってしまいます。

オーディションを受ける際も、

  • 衣擦れ音の出ない服装
  • 音の出ないアクセサリー

を身につけるように徹底しましょう。

選ぶべき服装はシンプルorオシャレ

当日の服装は、シンプル、もしくはオシャレな恰好がベストです。

センスに自信がない人は、シンプルな恰好をするようにしましょう。

女性なら、綺麗目なブラウスに膝上スカート、またはワンピース。

男性なら、シャツに細身なズボン。

が鉄板です。

オシャレな人は、自分の個性を出しつつ、爽やかさを意識してコーディネイトすると審査員にも好印象です。

最後は周りの人に確認してもらう


自分の中で、イメージが固まったら、最後はオシャレな友人や家族に確認してもらいましょう。

似合う服装というのは自分自身より、客観的に見れる周りの人の方が的確なことが多いです。

  • 服装に清潔感があるか
  • 個性が強すぎて印象が悪くなっていないか
  • 全体的に似合っているか

を見てもらった上で最終的な当日の服装を選びましょう。

対面審査では服装より実力や人柄が見られます。

ですが、清潔感のない服装や声優志望としてきちんと配慮できていない服装は、どうしてもマイナスイメージになってしまいます。

そんなもったいないマイナスが出ないよう、しっかりとオーディションにふさわしい服装を選ぶようにしましょう!

服装が決まったら、次に当日の髪型やメイクを決めて行きましょう。

声優オーディション!女性が審査員に好かれるためのメイク・髪型

声優オーディション!男性が審査員に好かれるためのスキンケア・髪型




養成所

-オーディション対策!

Copyright© 声優になりたい!声優になるには? , 2017 All Rights Reserved.