練習方法!

発声練習の基本!ハミングで音が響く感覚をつかもう

更新日:

キレイな発声をするために、大事なことの一つに「響き」があります。

響きによって、声の質が変わります。
基本的に「良い声」と言われている声優さんは皆さん「響きのある声」をしています。

以前の記事でもお話ししましたが、人間の身体は「楽器」と同じです。

例えば、ギターの場合
弦を鳴らして出た音が、楽器の「ボディ部分」で響き、大きくキレイな音が出るのです。

弦だけでは、広がりのある深い音は出せません。

人間で言えば弦は「声帯」
ボディは「響かせる場所」

になります。

人の場合もきちんと響かせることができないと、
声に響きがないため、音が広がらず、「良い声」にはなりません。

また、音が広がらないと声の届く範囲が狭まるので、声帯に負担をかけて無理やり声を出す、という悪循環に陥りやすくなります。

ハミングをマスターし、声帯に負担をかけない響きのある声を出せるようにしていきましょう。




ハミングのやり方


ハミングはいわゆる「鼻歌」と同じようなものなので、あまり構えずやっていきましょう。

まずは、一番わかりやすい「鼻でハミング」をしてみます。

  1. 鼻に手をあてる
  2. 口を閉じ、鼻に音をあてるつもりで「んー」という声を出す

どうでしょう?
鼻が振動していますか?
振動しているようなら「鼻でハミング」ができています。

今度は、その振動を、
眉間→頭→口→胸
という風に移動させてみて下さい。

振動は、上に響かせたい時は「音を高く」
下に響かせたい時は「音を低く」するとやりやすいです。

ハミングの練習は暇さえあれば「鼻歌」を歌うと良いです。
楽しく練習ができます。

上手くハミングができない人へ

上手く響かせられなかった人は、現在どこが響いているかを確認してみて下さい。

喉がかなり強く振動している場合

どこを響かせてもある程度喉は振動しますが、他に振動を感じられず、やけに喉だけ振動しているようであれば、普段から「喉声」で、喉を振動させる癖が強いのだと思います。

改善方法としては、もう少し「高い音」でハミングしてみて下さい。
難しく考えず、自分の好きな高めの曲を鼻歌で歌ってみましょう。

曲でハミングする利点としては、曲は音程が変わるので、どこかのタイミングで、響かせたい場所が響く可能性があることです。

自分の好きな曲をハミングしてみて、鼻が震えたらその高さを何度も繰り返し、身体に染み込ませ、喉以外でのハミングを覚えましょう。

どこにも振動が感じられない場合

どこにも振動が感じられない場合、音が高すぎる可能性があります。

頭の振動域を超えると、振動は感じられなくなります。
もう少し音を下げてみましょう。

ハミングは、いつでも気づいた時にできるので、毎日隙間時間を見つけて行うと、上達がはやくなります。

綺麗なハミングは響きのある声への第一歩です!
毎日練習をして良い声を目指しましょう!

ハミングができるようになったらロングトーンでの発声に進みましょう。




養成所

-練習方法!

Copyright© 声優になりたい!声優になるには? , 2017 All Rights Reserved.