声優になるには

売れる声優になりたい!~売り出し方編~

投稿日:

売れる声優になりたい!

やはり、声優を目指すからには、「売れる声優になりたい!」と誰もが思っていると思います。

今回は、売れる声優になるためには、何を磨いていけば良いか?についてお話ししていきたいと思います。

また、今回のお話しは、アニメ声優を基本に、洋画、ナレーション、舞台まで全ての役者志望さんに当てはまるお話しになります。




自分に合う役を本当の意味で知っていますか?

売れる声優を目指すにあたって、まずはじめに声優になりたい人に一度確認して頂きたいのが、
「自分に合う役を知っているか?」という点です。

声優という職業の魅力の一つに「実生活とは違う自分になれる」という魅力がありますよね。
ですが、この言葉に振り回され「自分に合う役を知る事の重要さ」を見落としている方が多くいます。

自分に合う役、というのは「客観的に見て、周りが上手いと思う役」と言い換えてもいいでしょう。
自分がやりたい役とは違う事も多いと思います。

ですが、この元々持っているものを伸ばす事が最短で声優になる方法の一つなのです。

この客観的視点には

見た目との相違
声質との相性
演技の癖
普段の言動とのギャップ

など、全てが含まれています。
これを全てひっくるめて、周りが上手いと思う役というのは、あなたに合っている役だと思って良いでしょう。

何故なら、客観的に見て合っている役というのは、

全てを合わせてなお、

あなたの突出しているものが勝っている

もしくは、

全てを合わせた結果、導き出された役だからです。

例えば、
あなたの見た目がどんなにダサく、普段はオドオドした人だったとしても声質のかっこよさがそれらに勝れば、あなたは周りから「かっこいい役が似合う声の人」というレッテルを貼られるでしょう。

逆に、声がそんなに可愛い声をしていなくても、見た目が可愛く、普段も可愛い雰囲気であれば「アイドル声優っぽい人」というレッテルになります。

そうやって導き出された役こそ、あなたが事務所の所属や、新人声優でオーディションを勝ち残りたい時に武器になる役だという事になります。

大切なのは唯一無二になること

役者として、大切なのはその業界において「唯一無二の存在」になる事です。

よく、「どんな役でもできる声優になりたい!」という人がいますが、

どんな役でもできる声優≠特徴のない声優

だという事を肝に銘じて下さい。

特徴のない声優というのは、いつでも換えの利く存在です。

特徴のない声で売り出される声優というのは、見た目が良い方が多いです。
その事からもわかるように、もっとかっこいい人、可愛い人が出てきた瞬間に入れ替えられる声優という事になります。

どんな役でもできる声優というのは、自分に合う役を見つける事よりもかなり難しい事です。

どんな役でもできるという事は、どんな役でもそれぞれ特徴があり、かつ別の上手い役者が演じているように感じさせられる役者である、という事だからです。

もちろん、役者としてそこを目指すのはとても良い事です。
その目標は常に持ち続けて良いでしょう。

ですが、
人気商売である役者は、まずは、誰にも奪われない自分のポジションを獲得する事が大事です。

だからこそ、「自分に合う役」を見つける事が大切なのです。

この役柄といったらこの人だよね!と言われる声優にならなくては、「売れる声優」にはなれないと思って良いでしょう。

今いる声優さんのポジションを考えてください。

おっちょこちょいの役といったらこの人!
熱血キャラといったらこの人!
可愛い男の子といったらこの人!
元気な少年役といったらこの人!
ギャグキャラといったらこの人!

と、いうのがありませんか?
好みの問題ではなく、実際のキャスティングの話です。

この自分の目指す役、合う役をやっている人の椅子を、取りに行く気持ちでいなくてはなりません。

人気商売というのは、常に一つの椅子を奪い合う商売なのです。

まとめ

芸能界という、人気商売は、ただひたむきに頑張っているだけで成功を収める事はかなり困難です。

自分は、何ができるのか?
自分は、何が合っているのか?
自分は、何をすべきか?

と、常に考え、自分をどう売り出せばいいのかを今の声優業界と照らし合わせ、売れる声優を目指しましょう!




養成所

-声優になるには

Copyright© 声優になりたい!声優になるには? , 2017 All Rights Reserved.